MENU

自然エネルギーを活用 産地化促進プログラム「AgriNova」とは

1自然エネルギーを活用した二重構造育苗施設「Agrin」
病虫害の侵入を防ぎつつ安定した環境での育苗を実現
2IoT技術を活用した作物育生・農事作業・環境情報の見える化
農事経過の記録(育生・作業・環境)を記録蓄積し、
農事ノウハウを見える化しデータベース保存後、共有・継承する
3産地化促進プグラムAgriNovaの事業展開
育苗システムから定植後まで生育を一貫してトレースし、解析

福島イノベーション・コースト構想

福島イノベーション・コースト構想は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指すものです。廃炉、ロボット、エネルギー、農林水産等の分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいます。

事業背景

浜通り地域の営農復興には、未耕作地における離農者の帰農や新規就農促進と同時に、野生動物からの感染症罹患対応等安全性を確保、作物の安全性の証明と安定的な販路確保が喫緊の課題です。大規模耕作以前の、管理型農業である育苗の過程をプログラム化して品質確保とコスト低減を研究開発し、地域復興の促進を図ります。

先進性

温暖で一定の環境条件下で良好に生育する作物の幼苗育成の低コスト化と通年事業化を目指します。大温室内に小温室を設置する二重構造の育苗施設「Agrin」を構築し、安定的な育苗環境を低コストで制御し、通年に渡る育苗営農を行います。自然エネルギーによる電力供給と温湿度のコントロールが先進的な開発ポイントです。

AgriNovaシステム

AgriNova施設

技術協力や見学など、まずはご相談ください。

活動状況

AgriNovaに取り組む仲間たち

PARTNER
福相建設株式会社
株式会社 馬渕工業所
一般社団法人 JASFA
株式会社 HI-SO