12月、ここ南相馬小高区も冬の足音が聞こえてまいりました。

日中は暖かいのですが、夜間は氷点下になることも。

そんな中、蚕を育てるお手伝いをすることとなりました。

ハリボテではありますが、小さな温室を改造し環境制御とデータ収集できるようにしました。

そもそも、農業ハウスなので断熱には不向きでありますが、

在りものを活用し何とか環境を整えることができました。

ガラス張りの小温室が衣を羽織り、外からは中の様子を窺い知れませんね。

  ⇒ 

 

環境が整ったら、いよいよ生体の投入です。

蚕はゆうパックで約4,000頭が送られてきました。

サイズは約1㎝くらい(3齢くらいだそうです)。

蚕は、1~5齢まであって、ちょうど中間くらいの大きさですが、

あと3週間もしたら蛹になってしまうらしい。

4齢、5齢と成長するに伴い、急速に大きくなり、

餌の7~8割はこの時期に消費されるそうです。

餌は、この時期桑の葉が収穫できないので、人口餌を使用します。

  ⇒ 

ゆうパックから送られてきた状態。         トレイに移し、餌を与えます。

 

今回蚕を手掛けるHさんのお話では、1日経っただけでも成長が見て取れるそうで、

実際、投入した翌日には、飼育用のトレイが2個から倍の4個になっておりました。

トレイを棚に移し、これで準備完了。翌日にはトレイは倍に。

繭の収穫は年始になりますが、繭になるのが今から楽しみです。